菅野美穂

92年 EX「桜っ子クラブ」の番組内ユニット「桜っ子クラブさくら組」のオーディションに合格しデビュー。「さくら組」としての活動は2ndシングル「DO-して」から参加している。尚、この曲は同局のアニメ「クレヨンしんちゃん」のエンディング曲でもあった。
同ユニットは番組を高校のホームルーム的に位置づけ、メンバーそれぞれが独自の芸能活動を展開しつつ週末の番組放送時にはホームに全員が揃って出演するというコンセプトであったので、菅野もレギュラー出演を維持しながらCMやドラマ等徐々に番組の外での活動を増やしていった。
93年 CX「ツインズ教師」の生徒役でドラマデビュー。以降は殆ど途切れることなくドラマの仕事が続き、96年 EX「イグアナの娘」で主人公・青島リカ役を好演したことで演技力も大きく評価されスターダムに昇る。引き続き女優として数々のドラマや映画、舞台にも出演しているが、中でも97年末のEX「君の手がささやいている」は菅野の代表作と言えるだろう。聴覚障害者が困難を乗り越えて家庭を築いていく様を演じたこのドラマは大変好評を博し、01年末にかけて全5編の続編が毎年制作されるに至った。更に番組は第15回 ATP賞'98のグランプリに輝き、菅野もエランドール新人賞の第3回大賞を受賞することとなった。


posted by じろ at 18:55 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。